せんせいのお話
2020/6  
  ぱんだ
6月から通常保育が始まり、最初は泣いている日が多かったぱんだ組さんですが、最近は、
笑顔を見せてくれるようになり、少しずつ園生活にも慣れてきました。
協力休園の際は、ご理解とご協力ありがとうございました。
散歩が大好きなぱんだ組さん。泣いてる子も外に出れば機嫌も良くなり、たくさんお話をしています。
また、お部屋では歩いたり、ハイハイで部屋中を歩き回るようになり、だんだん目が離せなくなってきました。
1歩...2歩と頑張って歩く姿がとても可愛いです♪
梅雨に入り、なかなか外に出られない日が増えますが、感染予防対策を行いながら、子供たちと楽しく過ご
せるように保育していきたいと思います。

こあら
新型コロナウイルスによる登園自粛も明け、久しぶりに登園することが出来た、こあらぐみのお友だち。
久しぶりの園生活では、はじめは涙を流してしまうお友だちもいましたがすぐに慣れ、今では笑顔で登園してくれてます。
梅雨が始まり雨が続く毎日ですが、保育室の中でも楽しめる遊びはたくさんあり、リズム遊びや体操、マットや
新聞紙遊びなどをして、身体をたくさん動かして過ごしています!
中でも、こあらぐみのブームは「バナナ体操」「バナナやる〜!」と子供たちかリクエストしてくれることもあり、
皆で楽しく踊っています♪
これから暑い日が続くと思いますが、水分補給をしっかりし、体調管理に気を付けながら元気に過ごして夏を乗り切りたいと思います。

うさぎ
新型コロナウイルスによる自粛期間を終え、うさぎぐみの24人のお友だちは、毎日元気に登園しています。
登園自粛にご理解・ご協力いただきありがとうございました。
うさぎぐみのお友だちは、何でも「自分で」頑張る姿が多く見られようになりました。
お友だち同士会話をしながら遊ぶ様子は、見ていてほほえましいです。
トイレトレーニングを頑張る子も増えてきました!先日初めての体操教室も行われ、出来ることが増えて、
また少しずつお兄さん・お姉さんになっています。
これから暑さも厳しくなってくると思うので、体調にきをつけ、楽しく保育していきたいと思います。