6月   
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、保育部でも登園の自粛をお願いし、ようやく全員でのスタートを切ることが出来た令和2年度。
賑やかな子供たちの声が響く6月になりました。
久しぶりの登園に戸惑う子もいましたが、あっという間に慣れ、今ではたくさんの笑顔を見せてくれています。
お友だちと遊んだり、給食を食べたりすることが楽しくて仕方がないようです。
まだまだ心配は尽きませんが、十分な換気と園内の環境を整え、手洗いや手指消毒などできることをしっかり行い、安心して過ごせるよう
心掛けていきたいと思っています。
保護者の皆様には、引き続きご協力をお願いします。
暑くなってきますし、コロナウイルス以外にも感染症の流行る時期です。
お子様の体調には十分注意して頂き、休息や睡眠、食事をしっかりとって、毎日元気に登園してくださいね!!

<ぱんだ組>   小原先生
登園自粛からようやく通常の保育に戻りました。
まだまだ油断はできない状況ですが、元気な子供たちの声が戻り嬉しく思っております。
ズリバイ、ハイハイ、歩行とそれぞれ移動を楽しみながら、お部屋で大好きなおもちゃを手にしたり、お友だちに興味を持って近づいたり、
同じ動作をして遊んでいます。
音楽をかけるとリズムに合わせて身体を揺らしたりする姿も見せてくれて、とっても可愛らしいです。
このままコロナウイルスが終息することを願いながら、子供たちと楽しい毎日が過ごせるようにしていきたいと思います。

<こあら組>   嶋村先生
今月からこあら組全員揃っての保育が始まりました。
久しぶりの登園で、泣いてしまったお友だちもいましたが、お散歩や公園遊びを楽しみ、今では笑顔いっぱいで先生やお友だちと過ごす姿が見られます。
水遊び、プール遊びも始まり、お水が大好きなこあら組のお友だちは、お顔にかかってもへっちゃら!!で、ワイワイ賑やかに遊んでいます。
涼しげでとっても気持ちよさそうです♪
新型コロナウイルスの終息を願いながら19名のお友だちとたくさん思い出を作り、笑顔の絶えない楽しい日々を過ごしていきたいと思います。

<うさぎ組>   畠山先生
晴れたり雨が降ったり、天気の移り変わりが多い時期となりました。
今年度は4月から登園自粛で、保護者の皆様にはたくさんのご理解とご協力を頂き、ありがとうございました。
ようやく自粛も終わり、保育室には子供たち24名の元気な声が響き渡っています。
「今日は何して遊ぶ〜?」「給食は何?いっぱい食べるよ♪」などおしゃべりが上手で毎日が賑やかです。
子どもたち自身も手洗いをよく行い、積極的に手指消毒をしてウイルス対策に励んでいます。
引き続き、手洗いや身の回りの消毒、換気を徹底し、子供たちが安心して過ごせるように努めていきたいと思います。